詳しい情報はこちら

よくある質問

よくある質問

目黒御廟についていただく主な質問をカテゴリごとにQ&Aにしてご紹介いたします。

基本情報

目黒御廟の運営管理はお寺ですか?
渋谷区に本院のある應慶寺が運営管理いたします。
今ある墓の管理ができないので改葬(移設)したいのですが、可能ですか?
目黒御廟には改葬の専門スタッフもおりますので、ご安心ください。ぜひご相談ください。
生前に自分の墓を購入できますか?
生前でも問題なくお求めいただけます。ただし、納骨前であっても護持会費が発生いたします。
すでに法名(戒名)があるのですが、そのまま使えますか?
すでに授与されている法名(戒名)もご使用いただけますのでご安心ください。

見学・申し込み

見学はいつでもできますか?
平日・土日祝日とも10時から18時までご見学いただけます。混雑状況により見学が難しい場合も想定されますので、事前にお電話(0120-696-381)(0120-696-381)または予約ページよりご予約いただくことをおすすめいたします。※毎月1回の休館日を設けております。毎年の休館日は新着情報ページにてご確認ください。予約ページへ
門徒(檀家)になる必要はありますか? また、寄付等の強制はありますか?
門徒(檀家)加入の必要はございません。寄付等の強制もございません。
申込みに必要なものはなんですか?
所定の申込み用紙に必要事項をご記入の上、「護持会費銀行引落依頼書」「住民票」等のご提出が必要となります。
お墓の後継者がいなくても申し込めますか?
後継ぎをする方がいなくても大丈夫です。お預かりしているご遺骨は永代供養墓にお納めし、應慶寺が責任を持って永代にわたりお護りいたします。

価格・プラン

各プランの価格はいくらでしょうか?
ラグジュアリープランが136万円、スタンダードプランが108万円、ベーシックプランが85万円となります。
護持会費はいくらでしょうか?
年間の護持会費は全プラン15,000円です。
護持会費が払えなくなった場合はどうなりますか?
万が一護持会費のお支払いが滞った場合も、永代にわたりお護りさせていただきます。

施設・環境

目黒御廟の納骨・保管方法はどういったものですか?
お骨は骨壷や骨袋に納骨し、耐久性に優れた厨子にて保管されます。厨子は、コンピュータ制御により管理され、静音短時間で自動的に参拝室まで運ばれます。
どのくらいの数のお墓が収容できるのですか?
収容可能な基数は9,500基で、都内最大級の規模の納骨堂です。
施設周辺はどのようなところですか?
目黒駅から徒歩約3分ほどの山手線内側エリアです。白金の庭園美術館や自然教育園にも近く、緑豊かで静かな住宅地です。

参拝について

参拝可能な時間は決まっていますか? 予約は必要ですか?
年間を通じ平日・土日祝日とも10時から18時まで開苑しておりますので、気軽にお立ち寄りください。特に予約の必要はございません。彼岸期間等は混雑する場合がございますので、ご了承ください。また、メンテナンスのため月1回の休館日がございます。毎年の休館日は新着情報ページにてご確認ください。
参拝の流れはどのようになりますか?
ご購入に際し発行する参拝カードをお持ちいただき、集中受付機で受付してください。指定参拝フロアの案内モニターの表示に従い、参拝室に進みご参拝ください。詳しくは参拝の流れをご覧ください
参拝時に供花や線香は必要ですか?
お花は目黒御廟にてお供えしておりますので、ご持参の必要はございません。お線香もご用意しておりますので、持参不要です。

葬儀・法要

葬儀についても相談できますか?
葬儀につきましても應慶寺でお受けいたしますので、お気軽に目黒御廟スタッフまでご相談ください。※ご法要の折には別途お布施が必要となります。葬儀について詳しくは専用ページをご覧ください。
一周忌などの法要もお願いできますか?
一周忌、三回忌など法要も應慶寺でお受けいたします。目黒御廟スタッフまでご相談ください。※ご法要の折には別途お布施が必要となります。

その他

一つの墓に遺骨は何体まで納められますか?
一般的な七寸の骨壷では2体、供養袋ですと8体まで収蔵できます。ご希望であれば古いご遺骨から、合祀墓にお移しすることも可能です。
どのような入れ物に納骨されますか?
骨壷または供養袋にご遺骨をお入れして、遺骨収蔵厨子にお納めします。
ペットも一緒に納骨することはできますか?
愛するペットとともに眠りたいという方は、ペットのご遺骨も一緒に遺骨収蔵厨子にお入れすることができます。お申し込みの際にスタッフまでご相談ください。

お問合せ・見学予約・資料請求はこちらから

ページトップへ