詳しい情報はこちら

終活コラム

コラム 『終活あれこれ』

 

〈 NO.4 〉墓じまいの心得

墓じまいの心得

少子高齢化が進む日本で今問題になっているのが、空き家です。
玄関を蔦が覆い庭木も伸び放題。いかにも住む人が絶えて久しい家を見かけることが身近にも増えてきたような…。
平成30年の総務省統計では全国でおよそ850万戸、空き家率は実に13.6%にものぼるとか。

そして「お墓」も守る人のいないお墓が年々増えているそうです。その要因としては、やはり少子高齢化やそれに伴う地方の過疎化が大きいものと思われます。 そんな守りきれなくなったお墓はどうすれば良いのか。
近年よく耳にするようになったのが「墓じまい」です。
墓を「終う」、どこか断捨離の延長のようなイメージがありますが、お墓を処分するだけではなく、そこに納められていた遺骨の引越し先もセットで考えなくてはなりません。

例えば、遠方の実家でお墓を継いでいた両親も亡くなったので、自分が住んでいる近くの納骨堂にお墓を移す、一人っ子同士の夫婦がそれぞれの実家のお墓をどちらかひとつにまとめる(二世帯墓)ことにしたなど、まずは墓じまいする遺骨の行く先を定めることが先決です。

ひとつには遺骨を自分が管理しやすい場所に移すという選択。
前出の例のように古いお墓は終って、身近なエリアに新たなお墓を確保し、そこに遺骨を移すというケースです。
お墓の管理自体がもう無理なのでやめにしたいということであれば、合祀墓に遺骨を移して、永代供養にしてもらうという方法もあります。墓じまいというと、代々何代も続いてきた古いお墓を閉じるという感じを受けますが、実際には2、3世代くらい、大体50年くらい前のお墓が多いとか。何れにせよ、墓じまいとはご先祖を無縁仏としないよう、自分の生活スタイルに合わせてお墓との関わりを新たにする、ということではないでしょうか。

お終いにスムーズな墓じまいの為の鉄則を。
それは事前に親族間・家族間での相談を十分にしておくこと。トラブルの多くは親族間・家族間での意思疎通の不足が原因となっています。
なぜ墓じまいをするのか、そのあと遺骨はどうしたいのか、費用負担も含め理解を得ておきましょう。

また、寺院墓地の場合は墓じまいするお寺にも、早めにその意思を伝えておくことをおすすめします。
その際には今までの供養に対する感謝を伝えるとともに、御礼を用意しておくと良いでしょう。

事前のコンセンサスをしっかり整えておくこと。
それこそが上手に墓をしまう近道です。

〈 NO.3 〉多様化するお墓スタイル

ペットとの上手な暮らし方

高齢化社会と言われて久しい昨今、自分もそろそろ終活をと意識する方も多いと思います。
となると気になるのがお墓のこと。残された家族に負担をかけぬよう、あるいは夫婦で自分達らしいお墓をと、生前購入も当たり前になってきています。今は一口にお墓といってもそのスタイルはさまざま。従来型の外墓地タイプから納骨堂や樹木葬など、思いに沿ったスタイルを選べるようになってきたことは、時代の流れというものでしょうか。
そんな多様化したお墓スタイルの特徴を比べてみましょう。

外墓地には寺院墓地、民間の霊園墓地、自治体管理の公営墓地などがあります。寺院墓地では檀家加入が求められたり宗派が限られるケース、公営墓地では生前購入ができない場合もあり、十分な事前確認が必要です。
納骨堂は参拝に便利な立地が多く、特に都市部でニーズが高まっています。タイプもいろいろとあり、ロッカー式や仏壇式はマンションのようにズラリと並んだスペースに遺骨を安置するタイプ、自動搬送式はバックヤードに納められた遺骨が、参拝ブースに自動搬送されるハイテクなシステムです。
自動搬送式はお参りに際して天候を気にせず、掃除などの手入れも不要、大抵の施設でお香やお花の用意があり手ぶらで参拝できること、さらに比較的費用が抑えられ、改葬もしやすいなどの良さがある反面、屋外のお墓の方が開放感があると感じる方もいるようです。
「死して自然に還りたい」という思いを反映した自然葬といえば、樹木葬や散骨葬です。
樹木葬には、例えば一本の桜の周りに遺骨を埋葬していくメインツリー型や、埋葬した付近にハナミズキや百日紅など低木を植樹する植樹型などがあります。エコロジカルな樹木葬ですが、アクセスに不便な場所が多いこと、施設によっては遺骨が後で取り出せず改葬できない場合もある点などが注意点です。
また、骨壷を家で安置する手元供養という方法もあります。遺骨の一部をペンダントなどにして身につけ、手元供養する方も増えているようです。暫くは自宅で安置し、ゆくゆくはお墓にという方にも適したスタイルでしょう。

こうして挙げただけでも、お墓のバリエーションは実に多彩で選択に迷うばかり。
ただ、忘れてならないのは、お墓とは生きている者が故人を偲び、語りかける大切な場であるということ。自分だけで決め込まず、ご夫婦でよく話し合い、お子さんの理解も得て選ぶことを心がけたいものです。

〈 NO.2 〉シニア世代とシニア犬の上手な暮らし方

ペットとの上手な暮らし方

〜今こそ愛を込めて「もう子供扱いはしない」〜

かつての憧れの人。足のきれいだったアイドル歌手がテレビの通販番組に出て「わ〜、これ欲し〜い」と叫んでいます。目元の涼しいクールな映画スターがクイズ番組でボケ味たっぷりで笑わせています。歴史の移ろいを嫌がおうにも目にする今日この頃です。
「あ〜あ、歳はとりたくないもんだ〜」
自分のことは棚に上げてつぶやけば、足元に横たわる年老いた愛犬。つい、ため息がもれます。
「あの頃のおまえはどこへ行ったんだ」注:くれぐれも配偶者へ向けて口にしないように…

ペットショップで一目惚れし、懐に抱いて連れ帰った生後間もない子犬。悲しげな瞳に魅入られ、泣きながら施設から連れ帰った保護犬。その後、すっかり家族の一員となり、かけがえのない存在となった愛犬たち。そんな愛犬との永遠の甘い生活を疑わずにいたいけれど、老いは霊長類すべての宿命。避けて通れません。
犬の年齢はドッグイヤーと表現します。犬の平均寿命を調べてみると、14.29歳(全国犬猫飼育実験調査2014〜17年集計)だそうで、つまり生れた直後から飼い初めた場合、約15年間が犬と暮らす年数ということになります。人間の平均寿命に重ねてみると、彼らは4〜5倍のスピードで歳をとっていることになります。愛犬と自分の年齢を重ね、互いが同年代に達していることに気付くシニア世代。さらにこの先、愛犬が自分の年齢を超えることに気づきハッとします。
「最近、耳が遠くなってさ〜」
「疲れやすいし、歯もボロボロ…」
「トイレが近いのが困るよな〜」
呼べど叫べど、知らんふり。クッションの上で一日中寝ている愛犬。それに憤慨したところで、犬は言葉を発しません。しかし思いやれば、感じることのできる老いへの共感。ともに生きてきた年月です。

さて、残り時間をともにどう過ごすか。大切なことは相手を思いやること。これにつきます。老犬の世話は在宅介護に似ているといわれます。「面倒をみる」「ケアをする」はすべて一方通行。見返りはありません。出会いから今日まで、どれほどの多幸感を頂戴してきたことか。愛した相手、お世話になった方への恩返しです。さて、ともに始まる終活タイム。
「こいつがいなくなったら寂しくなるな〜」
そんな思いは胸の奥底にしまい、おどけたポーズで記念写真。素敵なラストシーンへの準備を心がけましょう。自然と湧いてくる愛犬への感謝の言葉。
「ありがとうグットライフ」

〈 NO.1 〉今どきのお墓事情「海外のお墓」

終活

世界には様々な葬儀スタイルがあります。日本人が当然と考える火葬も、世界には土葬をメインとする国が数多くあります。キリスト教やイスラム教などでは死者の復活を教義とするため基本は土葬です。水葬や風葬、鳥葬といった、墓を必要としない葬儀も存在します。
タイやミャンマーは国中に寺院が点在。道行く托鉢の僧侶は日常風景ですが、これらの国に個人の墓は存在しません。火葬後、遺骨は海や川へ流されるのです。チベットやインドの一部で行なわれているのが鳥葬。輪廻転生を信じるチベット仏教。岩の上に亡骸を横たえ、それをハゲワシがついばむという方式。
インドではゾロアスター教の信者が行いますが、近年ハゲワシの数が減少し、食べ残しが問題に、という話も。
墓や霊園も多種多様です。日本人の墓は先祖供養を目的とし、複数の人間が入りますが、世界では概ね個人のもの。つまり、一人一墓です。
そのため時に個性豊かな墓石が登場。故人の趣味や思い出を反映した、車やバイク、ペット、サッカーボール、はては自身の等身大像まで墓石にします。墓地や霊園の雰囲気もその国独自のもの。
米国の墓地はスケールの大きさに驚かされます。緑の芝生、噴水、美しい建築物と彫刻。戦没者慰霊墓地には真っ白い十字架が果てしなく立ち並んでいます。パリにあるモンパルナス墓地やモンマルトル墓地には、サルトルやスタンダールといった文豪が、ウィーン中央墓地には、ベートーベンやシューベルトなどの音楽家が眠っています。観光客がひっきりなしに足を運ぶ、まるで観光地のような存在です。韓国の田舎でたまに目にするのは土を丸く盛ったかわいらしい饅頭型の墓。メキシコの墓は花のデコレーションでラテン系の明るさにあふれています。中国やマレーシアなど、中華圏で見かけるのが引き出しを重ねたようなマンションタイプ。ルーマニアにはポップなイラストが刻まれた、アート作品のようなカラフルな墓があります。
死に向かって生きている人間。儚いからこそ大切な命。世界中の人々が思い思いにお墓と向き合っています。

お問合せ・見学予約・資料請求はこちらから

ページトップへ